お墓のリノベーションとリフォームのちがい。最善のご提案をするために

こんにちは。石屋の米田@randyyoneda)です。

有限会社しんせいでは新しくお墓を建てる以外にさまざまなお仕事を頂いております。

お墓に関するお仕事を分類すると下記のようになります。

  1.  新しくお墓を建てる。
  2.  今までの古いお墓をすべて撤去して、新たにお墓を造り直す。(リフォーム)
  3.  お墓は以前から使っているものを使って、外柵(墓地の外構)を新たに造る。
  4.  外柵(墓地の外構)はそのままで、お墓とその付属品を新たな物に建て替える。
  5.  お墓、外柵の一部を作り直す。または修理をする。(リノベーション)
  6.  亡くなった方の戒名(法名・俗名)等を彫刻する。
  7.  葬儀から四十九日までに納骨をする。(納骨は石材屋が担当します)
  8.  墓石の清掃と、お墓参りの代行。
  9.  相続する人が居ないので、お墓を撤去する。(墓じまい)

 

この中であまりみなさんに馴染みがないのは、お墓のリノベーションかと思います。

リノベーションとは既存のお墓を工事することで状態や性能を向上させたり、価値を高めたりすることで私はこの言葉を使っています。

英語の「renovation」を直訳すると革新・刷新・修繕・修理を意味します。

 

一般的にはお墓のリフォームという言葉が浸透しています。

リフォームは老朽化したお墓を取り壊し、新たにお墓を建てるときに私はこのリフォームという言葉を使います。

 

お墓の状態を見極めて、リノベーションかリフォームを行うわけですが、リノベーションは今ある石を生かして、修繕や修理をするため、先祖が建てた意志を継ぎやすいと感じます。

 

お客様の要望の中には

  • お墓参りが遠いので、お墓の引越をしたい
  • 香炉に屋根部分がないため新しくしたい
  • 花立をステンレスにするため修理して欲しい
  • 汚れが目立つため、新しくしたい

このようにお墓の状態によって、状況がかわりますので実際に現場をみてご提案させて頂きます。

石の状態を見極めることで、磨くだけでいい場合もあるためまずは石のプロへご相談ください。

 

合わせて読みたい

お墓のリノベーション実例

 

終活カウンセラーとして

石屋の米田は終活カウンセラーとしてお墓だけでなく、相続・遺言・保険・葬儀・介護・健康についても併せてご相談いただけます。

ishiya

お気軽にお電話ください。

フリーダイヤル

0120-972-148

ココなーに・いしや

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お墓参りが、人と人、人と社会をつなぐ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
墓苑・墓石の しんせい

仙台発・大人の情報誌『りらく』
コラム連載、10年になりました。

終活カウンセラー 米田 公男
終活カウンセラー 米田 純子

公式Facebookアカウントはコチラ
〒981-0134
宮城県宮城郡利府町しらかし台5丁目2-1
フリーダイヤル 0120-972-148
ココなーに・いしや
Tel  022-356-6904
Fax 022-356-9150
Email sinsei623@gmail.com

 

質問、感想、相談など、
何でもお気軽にご連絡ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮城・仙台の石材屋の有限会社しんせい代表取締役社長。 仙台発・大人の情報誌『りらく』にコラム「亡くなるまでの知恵とその後の家族のために」を連載しております。今年で連載10周年です。 石のことなら何でもご相談ください。