「りらく」2月号、発売しました。

終活カウンセラーの米田(@randyyoneda)です。

仙台発・大人の情報誌『りらく』の2018年2月号が発売されました。

今年も「亡くなるまでの知恵とその後の家族のために」をテーマにコラム掲載しております。

 

仙台発・大人の情報誌『りらく』2018年2月号のご紹介

『りらく』2018年2月号の特集は『温泉と特別な時間を楽しむ宿』と『チャーシューが旨い!ラーメン店』の2本です。

毎月『りらく』を読んでいる奥様たちが「りらくの記事は情報量が多いから全部読むのに、ひと月丸々かかるわ。毎月楽しみなの。」と話してました。

たしかに温泉の記事もラーメンの特集も興味津々です。

昨日、さっそく2月号を読んだ初老の読者からお電話を頂きました。

「米田さんのコラム、毎月楽しみに読んでいるけど、今月の『これで良い』と言うのは、とても良かった。

私も死んだら、お墓に入ります。がんばって書き続けてください。」と言う電話でした。

とてもありがたかったです。
2月号の私のコラムは、78ページです。

 

りらくインフォメーション「印度カリー子のスパイスショップ」のご案内

2月号105ページ。インフォパネルのコーナーに「印度カリー子のスパイスショップ」の案内が出ています。

私自身、インドで石を学んだ経験と仕事でインドの石を扱うことから「インドカレー」は馴染みのある料理でした。

昨年、この印度カリー子さんが主催する「印度カリー会」に参加してから懐かしい本場のインドカレーが非常に身近なモノとなりました。

私の大好きな『インド』、そして『宮城県』という共通点から有限会社しんせいは印度カリー子を応援しております。

藤崎の7階催事場で開催される『クロワッサンの店祭り』2月8日(木)~2月14日(水)に出店されます。
宮城県の高校を卒業し、現在東京の大学に在学している印度カリー子さんですが、『本格インドカリー』のレシピを400種以上考案して、その一部を「スパイスセット」として、ネット販売しています。

私も数種類料理して食べましたがインドで食べたおいしいインドカリーの味でありながら、日本人に合う様に工夫してありました。

応援している私もブース近くに居りますので、ぜひ遊びに来てください。

試食も、お弁当の販売も有るようです。お待ちしております。

 

東北歴史博物館にて東大寺展が開催されます

4月28日から、東北歴史博物館で「東大寺展」が開催されます。
こちらも楽しみです。

 

終活カウンセラーとして

私、米田は終活カウンセラーとしてお墓だけでなく、相続・遺言・保険・葬儀・介護・健康についても併せてご相談いただけます。

お気軽にお電話ください。

フリーダイヤル 0120-972-148 ココなーに・いしや

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お墓参りが、人と人、人と社会をつなぐ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
墓苑・墓石の しんせい

仙台発・大人の情報誌『りらく』
コラム連載、10年になりました。

終活カウンセラー 米田 公男
終活カウンセラー 米田 純子

公式Facebookアカウントはコチラ
〒981-0134
宮城県宮城郡利府町しらかし台5丁目2-1
フリーダイヤル 0120-972-148
ココなーに・いしや
Tel  022-356-6904
Fax 022-356-9150
Email sinsei623@gmail.com

質問、感想、相談など、
何でもお気軽にご連絡ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宮城・仙台の石材屋の有限会社しんせい代表取締役社長。 仙台発・大人の情報誌『りらく』にコラム「亡くなるまでの知恵とその後の家族のために」を連載しております。今年で連載10周年です。 石のことなら何でもご相談ください。